院長・スタッフ紹介

staffall

 

歯科医師 院長港区浜松町山口歯科医院 院長

趣味:読書・料理・家具作り(日曜大工)・音楽 JPOPからクラシック、JAZZまで
(大学時代はJAZZ研究会でトロンボーンを吹いていました)

好きな物:文房具・ビール、ワイン、ウィスキー・歯科治療

目標、頑張っていること

マイクロスコープ、CTを導入し、研鑽を積んで最高レベルの審美治療をするとともに、なるべく削らず、痛くなく、1回で終わり(勿論ケースによって例外はありますが)、患者さまにストレスを与えない治療をすること。

その結果、患者さまのQ.O.Lが向上し、笑顔で過ごす幸福を共感すること。

一生が勉強であり、患者さまとの絆を深めるよう頑張っています。

患者さんへのメッセージ

歯医者さんは嫌いですか?

痛いし、嫌な音がするし、時間はかかるし、よほどのことがない限り行きたくない場所って感じでしょうか。

私自身も子供のころはそう思っていました。

では、なぜ私は歯科医になったのか。

実家は商家で母は仕事が忙しく、家事もしなかったので、私は祖母と居る機会が多かったのですが、その祖母が小さい時から私に「おまえは歯医者になれ」としつこいぐらいに言われていました。

根拠が何だったのか今もわかりません。当然反発して、死んでも歯医者にはならないと誓っていました。

ところが、忘れもしません、中学1年生の時酒酔い運転の車にはねられ、左の大腿骨を骨折しました。手術前に盲腸も併発して、結局3カ月入院。リハビリにも半年かかりました。

このことで、私は医師に対する尊敬とあこがれの念を持ちました。
結局小さい時から、手先が器用だったこともあり、歯学部に進みました。
もともとは文科系で、生物大嫌いの人間がです。

しかし、私の入った大学はとてつもなく厳しく、最初のイメージで甘ちゃんでいた私を徹底的に鍛えてくれたおかげで、次第に歯科という世界に深い興味と意義を感じるようになりました。

人間の真の健康にとって、歯科医療は本当に大事だなという思いを、私は日々強く感じています。

歯科の世界も日進月歩です。昔のイメージとはずいぶん違ってきています。

「痛みをなくすところから、いい気持になるところ」に変わりつつあります。一度「いい気持」を体験してください。

経歴

  • 東京歯科大学卒
  • 同大学付属市川病院オーラルメディスン科に入局
  • 港区高輪にて「高輪デンタルクリニック」開業
  • 港区浜松町にて「山口歯科医院」開業

歯科衛生士歯科衛生士・ホワイトニングコーディネーター

趣味:ウオーキング・近代建築散策(フランク・ロイド・ライト:ジョサイア・コンドル)

目標、頑張っていること

「患者様の笑顔がみたくて」そのためには、まず、自分自身が健康であり毎日元気な笑顔で患者様を迎えられますよう努力しています。

また、医療人として最良の医療技術を学ぶように頑張っています。

患者様へのメッセージ

”Fortune comes by a merry gate “(笑う門には福来る)
・笑いは免疫力を高めます。
いつまでも患者の皆様が笑顔でいられますように、治療中・治療後も安心して治療が受けられますようサポートさせていただきます。

特に歯周病に関しては、専門です。お気軽になんでもご相談下さい。


name-otani

歯科助手

 

こんにちは。この度、山口歯科医院の新しいスタッフの一員となりました、歯科助手の大谷遥です。

患者様や、私生活の中でも「華奢で小食そうだね」とか「あんまり外に出かけなそう」と言われることが多いのですが、食べることや海が大好きです。

食べ物はお肉やお魚と基本なんでも好きで美味しいお店の話を聞くと行きたくなって友人を誘いよく食べに行きます。他にもケーキや甘いものが大好きなので人気のケーキ屋さんやカフェなどをネットやSNSで調べて休日に巡っています。またこの時期はとくに、ホテルのデザートブュッフェのフェアもたくさんあるので毎年食べに行くのを楽しみにしています。

海は泳ぐのが好きで、旅行の際にダイビングをしたりしています。去年は沖縄の青の洞窟でダイビングをして珊瑚礁やお魚と一緒に写真を撮りながら青い海の中を泳いだのはとても癒されて良い思い出になりました。今はまだダイビングのライセンスは持っていないので、いつか取得して沖縄や海外の海でダイビングをするのが目標です。

これからは、診療を通して患者様とのコミュニケーションを図り、一生懸命頑張っていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。